初心者でも分かるSEO(検索エンジン最適化)!

「SEO(検索エンジン最適化)について初心者でよくわからない」「初心者でもできるSEO対策を知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、初心者でもわかるSEO(検索エンジン最適化)について紹介していきます!

SEO(検索エンジン最適化)とは?

検索エンジン最適化とは、皆さんがよく使っている言葉「SEO」のことです。

検索結果において自社のページを検索上位に表示させるようにする方法のことで、SEO対策とも言います。

SEOで検索上位に表示させるにはマーケティングやコンテンツの構成、技術など様々な知識が必要です。

また、Webを通してSEO対策を行うことで、売上アップにも繋がります。

SEOは広告を出すわけではありませんので、広告に比べてアクセス数を伸ばし見込み客を獲得できる方法です。

また、SEOで得た読者は、広告などで得た読者より自社ページのファンになりやすいので、長期的にアクセス数が安定するという利点があります。

検索エンジンの仕組みってどうなってるの?

まず、検索エンジンには順位を決めるためのステップがあります。

①クローリング

②インデックス

③ランキング

という3つのステップによって検索順位を決定しており、順位決定の要素も数多く存在しています。

この3つのステップの大まかな流れは、①のクローリングであなたのサイトを見つけ、②のインデックスでサイトをデータベースに登録し、最後の③でそのサイトの順位を決めるといった感じです。

簡単に説明すれば、これが検索エンジンの流れになります。

では、この3つのステップを細かく説明していきましょう。

①クローリング

まず最初は、巡回しているクローラーにサイトを発見してもらわなければなりません。

「クローリング」というのは、クローラーというロボットがインターネット上に存在するサイトを巡回しており、サイトの存在を認識してもらうことです。

クローリングしてもらえなければ、Googleなどの検索エンジンに自社サイトが掲載されることはありません。

サイトを発見してもらうには、「被リンクをもらえる良質なコンテンツを作る、XMLサイトマップを送信する」という2つの行動が必要です。

この2つの行動ができていればクローラーが何度も回ってきてくれるので、ページの評価も正確性が増してきます。

そうなると、良質なコンテンツであれば検索上位に表示される確率が高くなるのです。

つまり、質の良いサイトだと認めてもらうためにコンテンツの内容を充実させて、クローラーに何度も見に来てもらうということが大切なのです。

②インデックス

次に、クローラーに見つけてもらったページはデータベースに登録しなければなりません。

「インデックス」というのは、クローリングによって発見したサイトをデータベース上に登録することです。

インデックスされることによって、初めて検索結果に自社サイトが掲載されるようになるのです。

ただし、いくら質の良いコンテンツでも、読みにくい内容なら検索順位が下がる恐れがあります。

コンテンツの質のみならず、ページ全体の読みにくさはないかなど、内容を整えておくことでインデックスされた時に検索順位も上がりやすくなるのです。

③ランキング

「ランキング」とは、文字通り数多くのサイトの順位づけを行うことです。

インデックスされているページを様々な角度から判断して、検索順位が決められます。

検索順位を決める判断材料はなんと200項目以上もあり、アップデートされるたびに項目が増えたり変更されたりします。

そのたびにランキングも入れ替わりますから、常に検索順位を決める判断材料(アルゴリズム)には目を光らせておかなければなりません。

しかしながら、評価方法について学べば学ぶほど、結局は「ユーザーにとって有益かどうか」「ユーザーの悩み・問題を解決できるか」という点が重要だと誰もが気づきます。

初心者でもできるSEO対策・方法とは?

SEO対策は難しいと思われているかもしれませんが、初心者ができるSEO対策もあります。

これをまず理解し、やってみて検索上位にが上がるか確認してみましょう。

SEO対策の中でも非常に重要で、初心者でもできるのは「キーワード選定」です。

SEO対策をする上でキーワードの選定は必要不可欠で、重要な対策になります。

ページの内容に沿ったキーワードをまずは決めましょう。

そのキーワードを「キーワードプランナー」などのキーワードの検索数を調べられるツールなどで見ていきます。

ここで、検索数があまりにも多い場合は、それだけ人気のキーワードということですので競合相手が多くなり検索上位に表示されるのが難しくなります。

かと言って、検索数が少ないキーワードは人気のないワードになりますから、アクセス数を上げるのが難しくなります。

そこで、一つのキーワードではなく、軸となるキーワードの他に関連するキーワードをいくつかつけて、複合キーワードでコンテンツを作っていきます。

複合キーワードにすることで人気のあるキーワードもある程度検索数が下がり、競合相手も減りますし、複合キーワードなので読者が検索した時にヒットする確率が高く、より多くの読者を獲得することができます。

<まとめ〜初心者でも分かるSEO(検索エンジン最適化)!>

SEO対策は全てのアルゴリズムを理解して行おうとすると意味がわからず、何をすれば良いのかわからなくなります。

ですので、まずは「キーワードの選定」、次はコンテンツの内容など、一つ一つ理解して改善していくことで質の良いコンテンツになり検索順位も上がってくるでしょう。

SEO初心者の方は、まずはSEO対策にも大きな影響を及ぼすキーワード選定からやってみましょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。