SEOと文字数の関係性について教えます!

「SEOと記事の文字数の関係性がよく分からない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、SEOと文字数の関係性について紹介していきます。

長文SEOって評価されるの?

検索エンジンと言えば皆さまおなじみの「Google」と「Yahoo!」が思いつくと思います。

サイト運営されている方であれば、SEO対策を検討されたことがある方がほとんどだと思います。

GoogleやYahoo!のサイト評価対象を調べながら、コンテンツ作りをしていると思います。

そして、各検索エンジン側はユーザーの利便性を高めるために、定期的にアルゴリズムを更新しています。

それをビジネス的に捉えると、まさに運営側と検索エンジンのいたちごっこともいえましょう。

そして、そのアルゴリズムに関してGoogleを手本にしていると言われるYahoo!。サイト運営者は、アルゴリズム対策においてはGoogleの動きをキャッチしていれば問題なさそうですね。

そして、良く聞くSEO対策の一つとしての「長文SEO」。

文章が長い方がサイト評価されやすいという噂の事です。

本当にそうでしょうか?

しかし、グーグルは文字数や長文に対するサイト評価の関係性は一切発表していません。

噂が独り歩きしてしまい、世の中では文字数が多い長文コンテンツの方が評価されると思っている方も多いと思われます。

ネットで活字化されたものは、成否が良く分からなくなってしまっているからです。

しかし、この長文SEOが一概に間違いとも言い切れないことがあります。

それは直接的ではなく、間接的には「合っている」と言えるからです。

Googleが掲げる「ユーザーに有益な情報を与える」=密な情報=情報量が増える
このような流れが考えられるからです。

そして、有益な情報が多いとなればサイトアクセス数が増え、クローラの訪問回数も増え、評価も徐々に上がる。

したがって、これは長文だから評価されたのではなく、ユーザから評価されてサイト訪問数が増えたからでであって、「長文=評価」ではないことが理解できると思います。

あくまでもユーザー視点でコンテンツを作る、必然的に情報量が増えるので良い評価となるのです。

SEO施策には記事数が多い方が有利?

同業他社の動向にもよりますが、やはり情報量が多い方が沢山のユーザーをフォローできるという意味で記事数が多いのは有効といえます。

いくら有益な情報を作ったとしても、情報ボリュームが少なければ来訪者も継続的には増えず、アクセス数も頭打ちを迎えてしまいます。

来訪者が少ないサイトにはクローラーも回数が少なくなり、評価対象としては判断が難しくなってしまいます。折角良い情報であっても、読まれなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

そのため、多数のユーザーの目にとめやすくするためにも、関連する情報を沢山アップすることが重要となります。

サイトのファンが相互リンクを貼ることで流入しやすくなり、他ユーザーがサイト内を自由に行き来できるようになるのでサイト滞在時間も増え、評価対象になることが間違いありません。

ここで言う記事数の多さは、あくまでも対象となるユーザーの心をつかむ意味での記事数なので、関連性のある記事でなければ意味がありません。

ユーザーが興味を持つコンテンツであれば、数多く更新頻度を上げてアップした方が良いでしょう。

SEOにおすすめの文字数チェックツールは?

SEO対策サービスを行っている、北海道札幌市にある株式会社ディーボが無料で公開している「文字数評価チェックツール」がおススメです。

このツールは、競合サイト上位10社と自社サイトの文字数を比較し、評価を判定してくれます。また、簡易的なアドバイスをしてくれますので、文字数の判断基準には最適なツールと言えます。

上位10位以内の平均文字数や、自社と比較した平均値への不足数など大まかな数値が分かります。

<まとめ〜SEOと文字数の関係性について教えます!>

いかがでしたでしょうか?

SEOと文字数の関係性がお分かりになったかと思います。

SEO対策優先に考えてしまいすぎると、がんじがらめになって良いコンテンツを作るには不利に働いてしまいます。

それよりも、何故そうなのか?といった検索エンジン側の意向を理解することで、何をすれば良いかが見出せるのではないでしょうか?

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。