成果にコミットするSEOの運用方法を教えます!

「SEOを上手く運用したい!でも方法がよく分からない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、SEOで成功するためのノウハウを紹介していきます。

SEO対策の基本とは?

SEO対策が分からなければ検索された時に自分の作ったサイトが上位表示されません。

ですが、SEO対策がきちんとできていれば、アクセス数や売上も伸びてくるのです。

初心者はSEO対策の意味すら分からないと思いますので、SEO対策とは何か、どうすれば上位表示されるのか、SEO対策の流れなど基本的なところをご説明していきましょう。

まず、SEO対策とは、視聴者がGoogleにキーワードを入力して検索した時に、自分のサイトが目につくように検索上位に表示させる対策のことを言います。

Googleで上位に表示させるには、具体的にどのようにして順位が決められているのかを知らなければなりません。

検索順位はアルゴリズムという計算方法をプログラミングして順位決定を行っているのですが、それぞれに点数をつけているようなものです。

この点数が高いものから表示されますので、高得点を得なければ上位表示されません。

上位表示されるために必要な点は4つあり、

ページ内でのキーワード配置

ページが古いかどうか

ページ内容はオリジナルで信用性や正確性があるか

リンク数

となっています。

では、この4つを詳しく説明していきましょう。

①の「ページ内でのキーワード配置」についてです。

検索エンジンで検索する時に必ずキーワードを入れて検索しますが、そのキーワードが含まれているかをGoogleはチェックしています。

「タイトルにキーワードが含まれているか」「全体にキーワードが自然に散りばめられているか」など、キーワードの配置を調節することで十分なSEO対策となります。

の「ページが古いかどうか」というのは、古いほど信用性があるとGoogleに判断されています。

企業でも老舗や古い企業の信用性が高いように、古ければ古いほど高い評価になりがちです。

次にの「ページ内容はオリジナルで信用性や正確性があるか」ということですが、内容が他のページと同じ、または酷似しているなどコピーしている可能性が高いページは点数をつける時にマイナスとなります。

また、コピーではなくても信頼性や正確性がなければ検索上位になりません。

この、「信頼性や正確性」というのは20173月ごろにGoogleがアルゴリズムのアップデートをした時に追加された要素です。

迷惑サイトや悪質サイトを一掃する目的だと言われていますが、質の良い記事や質の良いリンクを貼っていれば逆に検索順位が上がります。

最後の④の「リンク数」です。

リンクの数は信頼の証でもあります。

自分のサイトに他のサイトのリンクを貼る時、いい加減だったりわけのわからないサイトは貼りたくないものです。

つまり、信用しているからこそ紹介されているリンクということになりますから、自分のサイトを紹介してもらえるページを作る必要があります。

ただし、自分のサイトに他のサイトのリンクを貼る場合は、そのサイトへ視聴者が流れていく可能性がありますから注意が必要ですが、「相互リンク」というお互いのリンクを貼りあうことで、お互いのサイトが相乗効果で検索順位が上がることにもなります。

もちろん効果が高いのは相互リンクではなく自分のリンクを貼ってもらうことですので、そうなれるようなサイトを作りましょう。

具体的なSEO対策はこれだけではありませんが、この4つのことに注意してサイトを構築していくと検索上位になる可能性が高くなります。

順位の決定方法や流れなど基本的なSEO対策はこのようになります。

SEO対策で成果を出す方法とは?

では、実際にSEO対策で成果を出すにはどうすれば良いのでしょうか。

サイトを作る時に「ユーザーが満足するサイトを作る」ということを心がければ、自ずと成果が出てくるでしょう。

〇キーワードの選定

〇疑問を解決できる質の高い記事内容

〇リンク数を増やす

SNSなどで拡散する

SEO対策を挙げればきりがありませんが、検索順位を上げるために必要な大部分を占めているのが質の高いコンテンツ(記事)内容とリンクの数です。

特に、読者のニーズがあって問題をきちんと解決でき、データも正確で信憑性があるなど、読者が大満足するようなコンテンツは上位になりやすいのです。

そのためには読者が求めるキーワードの選定は必然です。

また、先ほどお話したリンク数の多さも信用の証ですから、多ければ多いほど検索上位になりやすくなります。

リンク数が増えればアクセス数も増えますが、サイト外部の対策としてTwitterFacebookなどのSNSを使って拡散することで多くの人の目に留まり、さらなるアクセスアップに繋がります。

SEO対策にかかる費用はどれくらい?

では、SEO対策にかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

コンサル会社の名前などを挙げてご説明したかったのですが、あまりにも相場がバラバラでわかりにくいかと思いますので、費用の基本的なお話しをしたいと思います。

コンサルタント会社には2つの種類があり、成功報酬型と固定報酬型があります。

成功報酬型は、設定された順位内にサイトがランクインした時にのみ料金が発生します。

固定報酬型は、設定された料金を毎月支払っていく形になります。

また、価格の相場はキーワードでかなりの変動があることも頭に入れておきましょう。

成功報酬型で10位以内に上位表示させたい場合は1キーワードにつき1500円~10,000円が相場と言われています。

月に換算すると15,000円~数十万円になります。

固定報酬型はコンサル会社の規模や東京、大阪など地域によっても相場が異なりますが、一番多い価格帯が34キーワードで315万円と言われています。

この他にも、取材ライティング型の会社は530万円、中小企業向けのSEOコンサルは1030万円、

大企業向けになると数十万円~100万円以上、記事量産型なら3060万円、内部SEO対策なら10100万円以上など、内容や規模によって全く異なっています。

コンサルティングを依頼する際は、それぞれの会社の強み・費用を比較しながら検討するのが良いかもしれません。

<まとめ〜成果にコミットするSEOの運用方法を教えます!>

SEO対策はどのサイトにも必要なことです。

費用がかかるのは仕方のないことですが、どこにどれだけの費用をかけるのか、ここは自社で対応できるなど、対応できる箇所は自社で行い、できないところを依頼するという形にした方が費用を抑えることができるのではないでしょうか。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。