ディスクリプションでの効果的なSEO対策とは?

「ディスクリプションにおけるSEO対策がよく分からない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、ディスクリプションの効果的なSEO対策について紹介していきます。

ディスクリプションにSEOキーワードを入れるとSEOに効果的?

ディスクリプションとは、ソースの中にある「サイトの紹介文」のことで、ここにキーワードを入れると効果的なのかというお話です。

検索して出てきたサイトのタイトルの下にURLがあり、その下に表示されている説明文のことです。

ディスクリプションはサイトの紹介文ですので、関係のない内容は記載できません。

検索エンジンでキーワード検索され、表示された時に優れたディスクリプションだと視聴者が「見たい!」と感じますし、アクセス数も上がります。

これは必ず必要というわけではないのですが、SEO対策を考えるとキーワードを入れた方が評価が上がると言われています。

そのキーワードが入っていなければ、記事の説明としておかしいと判断できます。

また、読者が「本当にこのことについて書かれているのか」と不安になることもありますので、キーワードを必ず入れるようにしましょう。

ディスクリプションの文字数や書き方は?

ディスクリプションの制限文字数は124文字程度です。

これ以上の文字を記載しても、124文字以降の文字は消えてしまうのであまり意味がありません。

ただし、文章が短すぎるのも表示されない場合があるので文字数に関しては難しいのですが、SEO対策を考えると64文字程度が適していると言われています。

この中に、キーワードを23回入れることで検索上位になりやすいようです。

124文字ギリギリではなく、64文字の中で23回入れるようにしてみましょう。

ディスクリプションの重複はSEOに影響するの?

メタディスクリプションだけではなく、タイトルもそうですが重複している場合SEOに悪影響を及ぼします。

重複が多くなるとサイト自体の信用性がなくなり価値が下がります。

つまり、検索順位が下げられる要因になりますので、重複している場合は改善しなければなりません。

もし、Wordpressなどを使っている場合はテンプレートが原因で全てのディスクリプションが同じになっている可能性があります。

このような時は、個別に記載できるように設定しておくと良いかもしれません。

重複させるつもりはなくても、これらの設定を後回しにして公開してしまうと知らない間に重複してしまうこともあります。

また、先ほどのwordpressのテンプレートのように同じディスクレプションで投稿してしまっている場合もあります。

WordPressの場合は、ダッシュボートにあるHTMLの完全から「重複するタグ(メタデータ)」という項目を見ることで重複するページ数が表示されます。

重複するページがあった場合はクリックして、どのページの重複なのかを見てみましょう。

どの文章が重複しているか把握できたら修正して重複をなくしておきましょう。

<まとめ〜ディスクリプションでの効果的なSEO対策とは?>

ディスクリプションの重複は、SEO対策に良い影響は与えません。

それどころか悪い影響を与え、検索順位を下げてしまいますので、重複を見つけたら必ず修正して重複がないようにしましょう。

ですが、運営しているサイト数が多い場合は、全てをゼロにすることは難しいと思います。

このような時はできるだけ重複を放置しないように定期的にチェックをして重複の数を減らしていきましょう。

重複している数が多い時は、修正に充てる日を作ったり、重複が多くなる前にこまめにチェックするなど、何かしらの対策を取りましょう。

ディスクリプションの重複数が少ない、または無いということが信頼性の高いサイトになりますので、検索上位にするには重要なSEO対策とも言えるでしょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。