SEO対策における画像の効果は?画像の活用法を教えます!

「SEOに画像は効果あるの?画像の活用法がよくわからない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、SEO対策における画像の活用法を紹介していきます。

SEOに画像は効果あるの?

Googleのコンテンツ評価のメインはテキストです。

例外はありますが、ユーザーに価値のあるコンテンツかどうかはテキストで判定されます。

多くの価値ある情報を効果的にユーザーに伝えられるのは文字情報だからです。

例外というのは、ユーザーがそのサイトの画像に価値を感じて、滞在時間やアクセス頻度が多くなっている場合です。

Googleは「ユーザー満足度の最大化」を目標に掲げているので、ユーザーが価値を感じる画像メインのサイトならコンテンツ評価が高まります。

また、画像メインでないサイトであっても、適度に画像が含まれることによってユーザーの離脱を防げる場合があります。

ユーザーの利便性が高まり、読みやすくなれば、結果的にGoogleからの評価は高まります。

ただし、サイトによっては画像が多いと邪魔になるので、サイトコンセプトやユーザー満足度向上との兼ね合いになります。

Googleはサイトに画像が多いかどうかを評価基準にしていないので、画像に関してはユーザー目線で考えることが重要です。

SEO対策において画像のタイトルは大切?

SEOにおける画像の基本的な考え方は上述の通りです。

Googleは画像をサイト評価のメインにはしていませんが、画像によってユーザー満足度が向上すれば、Googleからのサイト評価も高まるということでした。

しかし、画像タイトルに含まれるキーワードがコンテンツSEOに貢献したり、画像検索からのユーザー流入に貢献したりすることはあります。

キュレーションサイトのように画像が大量に含まれるサイトでなければ、画像をSEOの中心に考えるべきではないのですが、せっかく画像を入れるのであればSEOも考慮すると良いでしょう。

画像のタイトルにその画像や記事の内容を端的に説明するものを設定しておくと、多少はSEOに貢献します。

キーワードを不自然に放り込むのはNGですが、自然な形で画像タイトルのSEO効果も認識しておくと良いでしょう。

もちろん画像のタイトルは大きなSEO効果を期待するものではないので、あくまでもコンテンツSEOの枝葉の部分です。

ちなみに、サイトをWordPressで運営している場合、画像のタイトル設定は簡単です。

画像投稿の際にタイトル設定のボックスがありますし、何も設定しなかった場合にはファイル名がそのまま画像タイトルになります。

すでに多くの画像を適当なタイトルで投稿してしまっている場合には、管理画面からその画像を選択してタイトルの変更が可能です。

わざわざファイル名を変更して投稿しなおす必要はないので、簡単にできる方法で設定してください。

SEO対策における画像の代替テキスト・キャプションは?

サイトに箸休め程度の画像があるとユーザーもコンテンツを読みやすくなりますが、不具合によって画像が表示されないケースがあります。

画像が表示されない場合に、代わりに表示される文字をあらかじめ設定しておくことがユーザビリティの向上につながります。

細かい点ではあるのですが、知ってさえいれば画像投稿の際の習慣になります。

画像の代替テキストはHTMLの場合ALTタグから設定するのですが、ワードプレスの場合は画像投稿の際に「代替テキスト」という枠があります。

この代替テキストがALTタグに相当するので、画像のイメージやそこに記載すればユーザーがわかりやすい文字を設定します。

また、キャプションとはその画像を説明する文字のことです。

WordPressでは、画像投稿の際に代替テキストや画像タイトルの一緒に設定できます。

実際のサイトページを見ると、キャプションは画像の下に画像を説明する形で表示されます。

キャプションの設定は必須ではありませんし、Googleに対するSEO効果はさほどありません。

投稿する画像のキャプションを入れた方がユーザーに伝わりやすい、と思った場合にはキャプションを設定すると良いです。

<まとめ〜SEO対策における画像の効果は?画像の活用法を教えます!>

画像のSEO効果を主にワードプレスの設定と交えて説明してきました。

画像の設定はGoogleのアルゴリズムに対するアピールにはさほどなりませんし、SEO効果も補助的なものです。

ただし、「タイトル」「代替テキスト」「キャプション」はユーザビリティを向上させ、画像検索で引っ掛かる可能性を多少高めるので、設定しておくと良いでしょう。

もちろん、画像に関する設定はSEOのためにやるべきメインの作業ではないので、あくまでも負担にならない範囲で多少気にしておく程度にしてください。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果に直結するコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。