ビッグキーワードのSEO対策と取るべき戦略とは?

「ビッグキーワードを狙いたいけれど、どんな対策・戦略をとって良いか分からない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、ビッグキーワードのSEO対策を紹介していきます。

ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードとは?

SEO対策に取り組む前に、ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードについて知っておく必要がありますので、これらのワードについて説明していきます

ビッグキーワード

ビッグキーワードは、検索される回数が多いキーワードのことを指します。

ビッグキーワードで上位表示できれば多くの流入を見込むことができますが、競合相手が多いのも事実です。

つまり、SEO対策の難易度も高くなりますので、ビッグキーワードに他のキーワードも組み合わせて使うようにのが良いかもしれません。

ミドルキーワード

ミドルには、「間」や「中間」という意味があります。

つまりミドルキーワードは、ビッグキーワードとスモールキーワードの間という意味になり、検索数も競合相手もある程度あるキーワードです。

競合相手もほどほどで、検索数もある程度ありますので、大規模なサイトではなくても検索上位に表示されやすく人気があるキーワードになります。

スモールキーワード

スモールキーワードは検索数も少ないキーワードのことですが、競合相手も少ないです。

「スモールキーワードを使うことなんてないのでは?」と思われるかもしれませんが、ビッグキーワードと組み合わせて使うことで検索上位に表示されたり、競合相手が少ないのでメリットがあります。

ビッグキーワードで上位表示させる方法は?

ビッグキーワードは検索回数が多いキーワードですし、誰もが使いたいキーワードです。

競合相手も多いのでSEOで上位表示させるのは難しくなりますが、その中でもビッグキーワードでも上位表示されているサイトもあるのです。

では、どうすればビッグキーワードを上位表示させることができるのでしょうか。

それは、ビッグキーワード単体ではなく、ビッグキーワードから連想されるユーザーが欲しているキーワードを網羅し、深堀りして充実させることで上位表示されます。

また、キーワード出現率や外部リンクの数が重要になります。

例えば、カードローンというビッグキーワードの場合、カードローンだけでは当然上位表示されません。

しかし、カードローンとユーザーの欲するキーワードに関するコンテンツやページ数を揃えるのです。

カードローンと繋がりのあるキーワードを網羅してサイトに組み込むと良いでしょう。

より深く掘り下げた内容にすることで、ビッグキーワードでも上位表示されるようになるのです。

ロングテールキーワードを狙うことの有効性

ビッグキーワードを上位表示させる方法はわかりましたが、実際やってみると難しく感じるのではないでしょうか。

ビッグワードだけを狙っていくことにはリスクがあるということを理解して置く必要がありますし、ロングテールを狙ってみるのも良いと思います。

それではビッグワードを狙うことのリスクやロングテールのメリットはどんなところにあるのでしょうか?

ビッグワードだけを狙う危険性

「オーガニック検索からの流入を増やすために、ビッグワードを狙おう!」と考える方もいらっしゃると思いますが、このような考え方は非常に危険です。

なぜなら、ビッグワードを上位表示させるには時間がかかりますし、開設してすぐのサイトであればドメインが弱いため、上位表示は難しいのです。

そこで、徐々に流入を増やすためには、検索ボリュームのバランス良く取り組んでいく必要があるでしょう。

ロングテールキーワードの有効性

流入を増やすための施策として、ロングテールキーワードを狙っていくことが非常に有効です。

ロングテールとは、検索ボリュームが少ないキーワードを狙っていき、一つ一つの流入は少ないものの多くのページで上位表示させることがで多くの流入を獲得するといったものです。

例えば、「マッサージ 地名」というような地域軸でのキーワードはニーズの顕在度が高いですし、上位表示のハードルはあまり高くないでしょう。

ロングテールキーワードはビッグキーワードに比べて上位表示させる難易度は低いですし、比較的時間もかかりません。

ですので、上位表示させるコンテンツを増やすことに注力し、ロングテールキーワードを狙うことも効果的です。

<まとめ〜ビッグキーワードのSEO対策と取るべき戦略とは?>

SEO対策をするには、ビッグキーワードやミドルキーワード、スモールキーワードといったロングテールキーワードをうまく使いこなさなくてはなりません。

ミドルキーワードが一番やりやすいからとミドルキーワードばかりで攻めていても、作っているサイトによっては成果が上がらないことがあります。

だからと言って、検索されやすいビッグキーワードで上位表示させるのは難しくなります。

検索上位に表示させるために、ビッグキーワード・ミドルキーワード・スモールキーワードといったロングテールキーワードのそれぞれの特徴をうまく利用し、SEO対策をしていくことが大切です。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果に直結するコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。