絶対に知っておくべきスマホ対応のSEOとは?

Googleのモバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックスとは、サイトの評価をスマホ基準にするということです。

今は、検索エンジン全体でパソコンでの検索者よりもスマホでの検索者の方が多いです。

そのため、モバイルファーストインデックスを導入する意向が発表されています。

具体的に、いつからモバイルファーストインデックスが導入されるかは発表されていませんが、サイト運営者としては早めに対策しておいた方が良さそうです。

ただし、多くのサイトは既にモバイルでも最適化されているのでご安心ください。

そうは言っても、モバイルファーストインデックスによって影響のあるサイトもあるので、その特徴と対策は後述します。

スマホとPC、両方のSEO対策が必要?

WordPressなどのCMSで運用しているサイトは、基本的にレスポンシブデザインです。

要するに、PCから見たときと、スマホから見たときでそれぞれ自動的にページレイアウトが最適化されます。

たとえば、ページの幅が自動的に調整され、スマホの場合はサイドバーが下に表示される、といった自動調整です。

また、コンテンツに関しても多くのサイトはPCでもスマホでも同じ内容になっているでしょう。

ほとんどのサイトはレイアウトが自動調整されますし、コンテンツの差異もないので問題ないということです。

具体的にモバイルサイトに問題があるかどうかの便利な確認方法は、ツールがあるので後ほど紹介します。

ツール判定の前にまずサイト運営者がざっくり確認すべきポイントは、以下になります。

・モバイル版とPC版でサイトを分けていないか

・モバイル版のコンテンツをPC版に比べて減らしているか

・レイアウトがモバイル表示だと見にくくなっていないか

などが確認すべき項目です。

モバイル版のコンテンツを減らしていたり簡易化していると、サイトの評価がモバイルに合わせて下がってしまいます。

ただ、そういったサイトは少数派でしょう。

レイアウトに関しては、HTMLやCSSで独自に実装しているサイトは注意が必要です。

コーディングした人がレスポンシブデザインにしていれば問題ないのですが、モバイルを無視してPCのみにレイアウトを合わせているサイトは危険です。

たとえば、スマホでサイトを見ると横にスライドしなければ文章を読めないようなサイトです。

こういったサイトは、HTMLの構造がPC表示に特化しているので、モバイルのユーザビリティを高める対応が必要になります。

レスポンシブ表示にするか、PCとモバイルでサイトURLを分けるかになりますが、レスポンシブにすることをおすすめします。

PCとモバイルでサイトを分けると、その分Googleにサイト間の関連性を通知する設定などが必要で、クローラーに見落とされるリスクが高まります。

また、コンテンツやリンクの管理も面倒になるので、レスポンシブ表示にして一括管理した方が良いでしょう。

改めて対策が必要なサイトの特徴をまとめると、

・PC版とスマホ版でサイトを分けており、スマホ版のサイトが簡略化されている

・PC版とスマホ版でサイトは分けていないが、レイアウトがPC版のみに対応している(スマホでもページを見ることはできるが、ユーザビリティが低い状態)

ということです。

理想としては、Googleがモバイルファーストでサイトを評価しても、PCサイトで評価しても、どちらでも結果が変わらない状態になります。

Googleのスマホ対応のチェック方法とは?

上で挙げたような確認方法がまずは必要ですが、クリアできているサイトの方が多いでしょう。

次に、以下のツールでサイトURLを入力してください。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテストというサービスで、自社のサイトがモバイル対応できているか判定できます。

「問題ありません」と表示されればそのままで大丈夫です。

逆に問題がある場合は、「テキスト」「リンク」「レイアウト」などの問題点を指摘してくれます。

<まとめ〜絶対に知っておくべきスマホ対応のSEOとは?>

モバイルファーストインデックスは、スマホ検索をベースにGoogleがサイト評価を行うということでした。

そして、このアルゴリズムがいつ導入されるかは断言されていません。

しかし、多くのサイトはすでにスマホにも最適化されています。

今はスマホでの検索者が多いので、スマホに最適化されていないサイトは機会損失が大きいです。

Googleのアルゴリズムのためにスマホページを最適化することはもちろん必要ですが、モバイルファーストインデックスでなくてもスマホページは最適化しておいた方がユーザビリティが高まります。

モバイルファーストインデックスとは関係なく、ユーザビリティ向上のためにスマホページも最適化することをおすすめします。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果に直結するコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。