SEOで上位表示させる方法・キーワード選定について教えます!

SEO対策ですべきことは?

SEOを始めると色々と知識が身に付き、キーワードの選定の重要性に行きつくと思います。

キーワードは検索ユーザーが今求めているホットな情報のためのヒントとなります。

そのホットなユーザーにどれだけあなたのサイトにアクセスさせるか?が肝になります。

極論を言えば、キーワード選定によってあなたのWebサイトの今後の運命を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、SEO対策の一番の基本として「キーワード選定」を間違いなく設定することが重要となります。

まず初めにやることは、競合の少ない複合キーワードを選定することです。

その複合キーワードを意識したコンテンツを作ることをおススメします。

あなたが公開したい情報とキーワードをうまくリンクさせ、その情報を求めているユーザーとのマッチングを考えれば必然的に良いコンテンツの構想が立つと思います。

SEOで上位表示させるキーワード選定の方法とは?

一番初めに思いつくのは「ビッグワード」や「単一ワード」がだと思います。

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べれば、どのくらいのユーザーがそのキーワードで検索しているか分かりますし、上記のワードは検索ボリュームが多くあります。

それだけユーザーとの接触が期待できるキーワードではありますが、サイト運営者の考えは皆同じで、検索ボリュームの多いキーワードのユーザー獲得を目指します。

サイトを立ち上げたばかりでその土俵に上ることは、強敵ぞろいの中に参入することになってしまいますので勝ち目はありません。

そのため、まず行うことは、競合の少ない複合キーワードを敢えて選定することです。

ビッグキーワード程のアクセス数はもちろん期待できませんが、ビッグワードは検索ユーザーが多すぎてその個人個人の検索意図とはずれている可能性も多くあります。

まずは、コアなターゲットを確実に誘導させることを狙い、検索ボリュームが少なくても構わないのでコアな複合キーワードを選定しましょう。

その少ない検索ボリュームでもサイト流入するとなれば、そのユーザーはコアなファンになってくれる可能性が高いです。

そのファンを継続的に誘導できるようコンテンツをアップし続け、徐々にファン数を獲得していきましょう。

そして運用をしながらサイト流入の多い複合キーワードの中から理由を追求し、そこから新たなキーワードを派生させる方向で段階を踏んだアクセス獲得からのサイト評価、上位表示を目指します。

リスティング広告などの有料広告と同じでは、大手には敵いません。

広告費用を多くかけている企業に広告予算の少ない中小企業が同じキーワード立ち向かうのは間違っており、同じようにキーワードを変えて隙間を狙います。SEO対策も同じです。

SEO対策をして上位表示されるまでの期間は?

早ければ2~3日と言われる反面、3か月経過しても表示されないケースもあります。

また、Googleもクローラーの巡回期間やサイト上位の期間なども明言はしておりません。

自社サイトが検索結果に表示されない場合は、検索エンジンのクローラーがあなたのサイトを巡回していないことが考えられます。

また、上位表示されないその他の理由として、巡回はされたもののあなたのサイトの評価が低いことも考えられます。

いくら良い情報をアップしたとしても、同様のサイトが多ければすべてがライバルとなります。

まずは、あなたの競合となる上位に位置するライバルサイトと、あなたのサイトの内容を比較してみましょう。

比較した結果、何があなたのサイトには足りないのかが見えてくると思います。

その足りない部分をカバーしつつ、他社を参考にし、真似るのではなく独自性の意見を盛り込んだ記事を作成しましょう。

そこで、おそらく上位表示されているサイトとの大きな差は「情報量」だと思います。

Googleのサイト評価の基準として最低100記事は必要と言われています。

「100記事」と聞くとびっくりする方もいるかもしれませんが、1日1記事書けば約3か月で達成できますし、複数人で携われば、その分期間も短縮できます。

サイト運営は「情報更新」が命です。

常に新しい情報をアップし続けなければならないので計画を立ててホットな情報収集にアンテナを貼ることが必要です。

インプットできないとアウトプットもできません。

「情報量+優良コンテンツ」が揃えばクローラーにも巡回されやすく、早期に上位表示されることが期待できます。

<まとめ〜SEOで上位表示させる方法・キーワード選定について教えます!>

いかがでしたでしょうか?

検索上位に表示させる方法や、キーワードの選定などがお分かりになったかと思います。

サイト立ち上げたばかりの方は、文字でこのような情報を見てもなんとなくの理解になってしまいます。

まずは運用を開始し、日々のサイト状況や他社を参考にしながら、改善を加えていくことをおススメ致します。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果に直結するコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。