SEOにおける外部対策(外部施策)の重要なポイントとは?

SEOに大切な内部対策、外部対策とは?

どちらも大切な施策にはなりますが、どちらが大切な施策かと言えば、本筋で考えれば「内部対策」です。

あくまでもGoogleの目的は、ユーザービリティを追及して検索エンジンの更なる活性化を目指します。

それはこれからも変わりません。

よって、ユーザーに有益な情報を与えるサイトであることが最大の評価となります。

また、有益な情報をアップしていれば、必然的にユーザーも集まってくるでしょう。

ただそうは言っても、サイト運営者であればなるべく早く上位表示させたい気持ちになるのは仕方ありません。

そのため、次に効率的な施策として考えるのが「外部対策=被リンク」が重要になってきます。

しかし、被リンクをはられるのは誰でも良い訳ではなくもちろん関連サイトでなければなりません。

全く無関係なサイトや評価の低いサイトにリンクを貼られると、逆にスパム視されてしまう可能性もでてきてしまいます。

良いコンテンツを上げ続けて、「優良被リンク」を受ける事を目指しましょう。

外部対策(外部リンク)の効果は?

SEOにおける外部対策とは、主に「被リンク」の事をさします。

被リンクとは、あなたのサイトURLを他のサイトに貼ってもらう事をいいます。

どんなサイト運営者も自分のサイトへの集客はしたいものです。

いくら良いサイトを作りたくても、自分だけで掲載情報を全て賄うのは困難であったり、関連する良いサイトやコンテンツがあればリンクを貼って紹介した方がユーザーも喜びますし、サイト活性には効率的です。

また、あなたが書いた記事のコンテンツでも、どこかのサイト記事を参考に書く場合もあると思いますし、その場合は情報の出所、出典元としてリンクを貼ることが一般的です。

しっかりした情報元を記載することで、あなたの情報自体に信憑性が生まれ、被リンクを受けた情報源サイトもサイト拡散に繋がり両者にメリットが生まれます。

そして、この被リンクが多くなることで検索エンジン側はサイト評価の対象にします。

それはリンクを多く貼られることで有益なサイトと判断するからです。

しかし、現在のアルゴリズムは昔とは違って作為的な被リンクは排除します。

一昔前は、SEOの外部対策として被リンクを「購入」できる商いや、「リンクファーム」と呼ばれる「集合体・仕組み」がありました。

これは作為的に上位表示をさせるという同じ目的をもったサイト運営者や業者が集まり、相互リンクを貼りあってサイト評価を上げようと言うものです。

そこに目をつけたGoogleは、作為的に被リンクを増やした場合はペナルティとして、Googleのインデックスから外すという行為を行う様になりました。

そうなると、今まで検索で上位表示されていたのに、突然検索でヒットしなくなります。

もしこれがECサイトならば大問題です。日々の売上が急に獲得できなくなる死活問題と言えます。

今ではそのような仕組みも減少していますが、そうならないためにも、無作為な被リンクを求めることは避けましょう。

外部対策がSEOにおいて重要な理由とは?

サイト順位を決める評価基準としては、あなたのサイトが「市場にどう評価されているか?」は重要な項目です。

しかし、いくらアルゴリズムがアップデートされた最新の基準を設けているとしても、サイトを巡回するクローラーであっても結局はロボットです。

決められた判断基準に則ることしかできません。

しかし、その相手となるサイト運営者は人間であり、生き物です。

日々進歩し、経済発展のため、ムーブメントを起こしたり、トレンドを作り出したりします。

その時流にあわせて、人の行動が変わります。

日々変わる人の行動までは、現時点のロボットではリアルタイムに判断ができません。

そのためオーディエンスの声の評価基準として、優良被リンクを評価対象にしているのです。

しかし近い将来は人工知能(AI)がますます発展し、時流やトレンドを加味した評価アルゴリズムも改善されることが予想されます。

SEO対策に重要な外部対策(外部施策)の効果的なやり方とは?

被リンク以外の外部対策手法として効果的なやり方は、「SNS」の活用が上げられます。

SNSは、今や殆どのネットユーザーが利用していると言っても過言ではありません。

アカウントを取得していない人でも、FacebookやTwitterを閲覧している人は相当数存在します。

SNSの良い所は「拡散力」です。

いいネタも悪いネタも、ユーザー間で瞬時に拡散されます。

このメディア特性に乗せて、あなたのサイトに流入するように仕掛けをするのです。

SNSは個人ユーザーが多いので、通常のWebサイトの様な形式的な構えではなく、フランクにユーザー間でのコミュニケーションツールとするのが理想的です。

そこでユーザーと関係性を作る面白い情報を提供することで、あなたの会社に対する垣根をとっぱらいます。

そうすることであなた自身に興味を持ち、サイトへの誘導がスムーズになります。

このように、SNSユーザーへのアプローチからSNSをサイト入り口作りと捉えるのも有効です。

<まとめ〜SEOにおける外部対策(外部施策)の重要なポイントとは?>

SEOにおける外部対策の必要性がわかったかと思います。

外部対策の本質はユーザーの入り口を増やすことです。

しかし、被リンクにしろSNSにしろ、あなたのサイトの有益性にかかっているのは間違いありません。

そして、外部対策によって流入してくるユーザーを逃がさないためにも、受け皿となる内部対策が必ず必要なことを理解しておきましょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果に直結するコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。