賃貸不動産会社が効率的に集客する方法とは?

「賃貸不動産にもっと集客したい!」「不動産の集客方法について知りたい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、「賃貸不動産会社が”圧倒的”に集客する方法」を教えます!

賃貸不動産会社がチラシ集客で成果を出す方法

賃貸不動産は、地域密着型のサービスです。

チラシで集客するためには、自らチラシを配っていく必要がありますが、配る範囲と量には限界があります。

ですので、チラシに特定地域に特化した詳しい情報を載せていく必要があるのです。

特定地域の自社の商品・サービスを魅力的にアピールできれば、お客さんが来てくれるでしょうし、集客力がアップするでしょう。

それに加えて、その商品・サービスを購入してくれる人はどんな人なのかを分析し、そのターゲットに対して効率的にチラシを配布していくべきです。

しかしながら、今の時代はどこにいてもインターネットで多くのものを買える時代で、地域によって購入できるものが異なることはあまりないです。

また商品情報に関しても、料金や内容が画一化されているので、地域限定の割引などに関心を持つ人は少ないでしょう。

なぜならインターネットで調べて、そこで購入した方が安いからです。

ですが、賃貸不動産に関しては話が別です。

不動産情報はインターネットで調べることも可能ですが、ネット上には非公開の情報や、その地域に住んでいる人にしか分からない情報があります。

そこでチラシでの集客が効果を発揮するのです。

不動産に関しては、住む地域に関する情報を求めている人が多いです。

そのため、賃貸不動産の集客ではローカルな情報を出して、他との違いを明確化していくことが大切です。

価格の安さであったり、特定の地域の不動産しか取り扱っていない、ということもアピールポイントになります。

なぜなら、ローカルで強いネットワークを持っている会社に見えるからです。

チラシにも「その地域でのサービス提供に力を入れている」ということが分かるPRを積極的に行ってください。

大手の全国展開している業者よりも、ローカル業者を利用したい人も多いです。

ユーザーが特定地域で賃貸物件を探しているのであれば、その地域について知り尽くしている不動産屋を選ぶでしょう。

ブランドなどであれば世界中に展開していることがアピールポイントになりますが、不動産はむしろ逆効果の場合もあるのです。

範囲を広げていることよりも、特定の地域に特化してネットワークが強化されている業者の方が信用度が高いですので、その点をアピールしていきましょう。

賃貸不動産会社のインターネット集客ではオウンドメディアがオススメ!

賃貸不動産会社のインターネット集客手段として、以下のようなものが考えられます。

  • 企業HP
  • 不動産ポータルサイト(例:SUUMOやホームズなど)
  • リスティング広告
  • SNS
  • youtube
  • ブログ

弊社アクシスでは、賃貸不動産会社が効率的にネットで集客できる手段としてオウンドメディアの構築をオススメしています。

理由は以下の3つがあります。

①集客コストを小さくできる

オウンドメディアは、発信したコンテンツが流れてしまうSNSとは違い、一度作ったコンテンツはWeb上に蓄積されます(ストック型)。

そのため、顧客にとって価値のある記事を掲載することで、オウンドメディアを使って継続的に集客できるようになります。

DM送付や広告出稿など自分から顧客へ働きかけを行わなくても、見込み度の高い優良顧客が勝手に集まってくる状況を作ることができます。

サーバー代などの初期投資や、最低100個以上の記事を作成する必要があるなど、コストや成功するまでに時間がかかるなどのデメリットはあります。

しかし、オウンドメディアで集客できるようになることで、これまで集客のために行っていたビラ配りやテレアポなどの業務を減らすことができるでしょう。

減らした時間で物件情報の収集や営業スキルの向上などに労力を割けるようになり、結果的に営業効率を上げることにつながります。

②差別化しやすい

オウンドメディアを利用することで、競合他社と差別化を図ることができます。

まず、不動産ポータルサイトやリスティング広告は、広告の形式や文字数が限定されているため、同じサービスを利用している他社との差別化が難しい状況です。

オウンドメディアであれば、自社サイトであるため、デザインやコンセプト、提供する情報の種類などを通して自社の個性を出しやすくなっています。

③すでに運用しているネット手段と組み合わせやすい

すでに運用している企業HPがある場合、サブドメインを利用し、ドメインパワーを新たに作成するオウンドメディアに引き継ぐことができます。

ドメインは取得してからの経過年数が長いほど検索エンジンから高く評価されるため、新しくドメインを取得するよりも、すでに運用しているドメインを利用したほうがSEOの観点から優位と言えます。

また、WordPressなどのCMSを使うことで、記事を更新した際に自動的にSNSでお知らせすることができます。

CMSとは、コンテンツ管理システムのことで、HTMLCSSなどホームページの記述言語を知らなくてもホームページを運用して管理できる仕組みのことです。

オウンドメディアは、すでに運用している企業HPCMSSNSと組み合わせて活用できます。

賃貸不動産会社のコンテンツの考え方

検索者は、「希望する条件×地域」で検索する場合がほとんどでしょう。

その中で、いかに特定地域の賃貸不動産の情報を提供できるかが重要となります。

賃貸不動産会社の中にも、中小規模の会社や大手企業もあります。

それぞれの企業がインターネットで集客するためには、どのように進めていけば良いのでしょうか?

中小規模の不動産会社

中小規模の賃貸不動産会社の場合、大手不動産よりも物件の範囲が狭いでしょう。

だからこそ、大手不動産以上に物件の情報を提供することが求められるでしょう。

様々な切り口からその地域の賃貸物件を紹介し、アピールできるようなコンテンツを作っていくのが良いです。

その情報が網羅的で細かいほどユーザーは興味を持ってくれますので、「ユーザーがどんな情報を求めているのか」を考えながらやっていきましょう。

大手不動産会社

大手不動産業者は、それぞれの物件について詳しい情報をまとめているコンテンツを作っていることは少ないでしょう。

全国展開しているので、一つの地域について詳細に書くことはなくて、駅や周辺の主要なスポットのみを書いていることが多いです。

そこで、全国展開しているという強みを活かして、地域軸以外の切り口からのコンテンツも増やしていくことで他者と差別化できるのではないでしょうか。

様々な切り口からのコンテンツを増やし、賃貸物件ごとの情報も詳しくすることで、今まで以上にサイト経由での集客ができるでしょう。

賃貸不動産会社がオウンドメディアを立ち上げる際に意識すべきこと

賃貸不動産会社がオウンドメディアを成功させるには、以下の4つを意識する必要があります。

①目的・ジャンルの明確化

オウンドメディアを立ち上げる前に、目的・ジャンルを明確にする必要があります。

オウンドメディアで実現したいものは、「企業やサービスの認知度向上」「見込み客の獲得」「既存顧客との関係性を保つための手段」など様々考えられますが、何を目的とするのかをはっきりと決めましょう。

目的が曖昧だと運営方針がブレてしまい、意図した結果を得ることができません。

また、オウンドメディアで提供する情報はどんな種類のものなのか(ジャンル)も明確にしておく必要があります。

提供する情報としては、商品の魅力(=物件情報)、不動産に関する専門知識、不動産に関するトレンド(例:地価や賃料相場の変動)などが考えられます。

②ターゲット層の明確化

オウンドメディアを読んでほしい顧客のターゲット層を明確にしましょう。

なぜなら、不特定多数に向けて書いた記事は、結局誰の心にも刺さらず読み飛ばされてしまうからです。

探している物件の種類はもちろん、年齢や職業、インターネット利用頻度や趣味などを設定し、具体的なペルソナを考えるとよいでしょう。

情報を届けたいターゲット層を細かく絞ることで、読み手の心に確実に刺さる記事を書くことができます。

③お問い合わせ獲得までのストーリー設計

オウンドメディアを読んだ読者から問い合わせをしてもらうために、オウンドメディアを立ち上げるケースが多いと思います。

お問い合わせを獲得するために、以下のことを注意しましょう。

〇記事からどのようなリンクを貼るのか

問い合わせボタンの色や、文字の大きさなどを検討しましょう。

色によって読み手の心理は変わるため、物件を探したいのか、特定の物件を内覧したのかなど読み手の心理に応じて色を変えることが必要です。

また、ボタンではなく、あえてテキストリンクにすることによって反応を得ることもできます。

〇顧客情報は何を集めるのか

顧客が問い合わせしようとするとき、記入する項目が多いと顧客の気持ちを削いでしまいます。

入力項目はできるだけ少なくするとよいでしょう。

〇問い合わせフォームや電話番号の前の「口説き文句」

口説き文句が顧客の心に突き刺されば「問い合わせしてみようかな」と思ってもらえるでしょう。

他社と比べた時の自社の強みや営業において大切にしていることなどを書くと良いでしょう。

④お問い合わせ獲得後のストーリー設計

顧客からお問い合わせが着た後の対応を細かく決めておきましょう。

例えば、対応担当者や対応手段(メールにするか電話にするか等)、返答納期などです。

せっかく問い合わせが来ても、対応の仕方を決めておかないとスピーディに対応できず、見込み客を逃してしまいます。

賃貸不動産会社で成果を出すための営業戦略

各種媒体を効率的に活用し、賃貸不動産の営業を行うことを紹介してきました。

しかし、もっとも重要なのはその中身で、媒体に関わらず顧客に情報をわかりやすく提供する必要があります

顧客に伝えるべきことが伝わっていなければ、どの媒体を活用しても無意味です。

口頭での営業か、チラシやネットを活用した営業かに関わらず、必要な情報は調べてインプットしておくことが重要になります。

例えば、「物件の空き室状況」「賃料相場」「建物の設備や構造」「その地域の道路や施設」などの情報は必須です。

口頭での物件紹介の場合には、雑談を交えつつそれらを的確に紹介しなければなりません。

チラシやネットでの営業では、必要な情報をわかりやすく無駄なく漏れなく記載します。

口頭でのコミュニケーションも含めた複数の媒体を活用し、かつコンテンツが充実することによって営業成果を出すことができるでしょう。

<まとめ〜賃貸不動産会社が効率的に集客する方法とは?

賃貸不動産の集客方法を見てきました。

不動産業界全体でのポータルサイトなどのネットワークはありますが、それはあくまでも補助的なものです。

自社独自のコンテンツをインターネット上や紙媒体で制作し、そこからの顧客獲得をメインに考えてください。

また、媒体選びは確かに重要で、媒体ごとの特性もあります。

しかし、もっとも重要なのはその中身をいかに充実させるかということなのです。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。