リフォーム会社が効率的に集客する方法とは?

「リフォーム会社の集客に困っている」「リフォーム会社にもっと集客したい」そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、リフォーム会社の集客方法について解説します!

リフォーム会社の集客方法は?

リフォーム会社は参入障壁が低いので、いろいろな業界から参入しています。

そのため、価格競争が激しくなりますし、上手く集客しなければ存在が埋もれてしまいます。

多くのリフォーム会社が、集客に苦戦しているのが現状ではないでしょうか?

しかし、集客を効率的に行えばリフォーム会社の需要は大きいので、顧客は獲得しやすいでしょう。

また、集客に上手くいっていない業者が多い状況なので、集客が上手くできれば同じレベルのサービスであっても他社より抜きんでることができます。

それでは具体的なリフォーム会社の集客方法を挙げていきます。

・DM(ダイレクトメール)

・広告チラシ

・ホームページ

・SNS

・リフォームイベント

などが主な集客方法です。

リフォーム会社がチラシで集客するケース

チラシは昔からある集客方法ですが、現在でも有効な戦略です。

特にリフォーム会社は地域密着型のサービスなので、チラシでの集客にメリットがあります。

インターネットでの集客に比べて、狙った相手に対してより効率的に宣伝できます。

また、リフォームを行う人の年齢層も重要な観点です。

リフォームにはそれなりの金額が掛かり、また家を所有している必要があります。

賃貸でもリフォーム可能な物件もありますが、基本的には家を所有している必要があります。

そのため、リフォームを行う人の年齢層は高めなのです。

若い人はチラシ広告をあまり見ない人が多く、インターネットで商品の内容を確認します。

しかし、年齢層の高い人にはインターネットよりもむしろチラシ広告などをよく見る人も多いのです。

このように、ターゲットの年齢層が高めなこともリフォーム会社にとってチラシ広告が有効な理由の一つです。

年齢層が高めの人をメインターゲットにすることを考えると、チラシは派手にし過ぎない方が良いでしょう。

きちんとサービス内容が伝わることを重視し、インターネットで良く見るようなインパクト重視のものは控えた方が良いかもしれません。

リフォーム会社がホームページで集客するケース

チラシを利用したアナログな集客も有効ですが、インターネットでホームページによる集客はもちろん今の時代はメインの戦略になります。

リフォーム会社のメインターゲットの年齢層が高いとはいっても、その層の人たちも当然インターネットでリフォーム会社の情報を検索します。

地域限定のサービスの場合、インターネット上でもよりターゲットを明確化しやすいので、コンテンツが作りやすくなります。

消費者がホームページに価値を感じる必要があるので、もちろんサービスを一方的に売り込むだけではあまり見てもらえません。

「リフォームの内容」「おすすめの方法」などをホームページでは詳細に解説し、消費者の関心を引いてください。

その際に重要なこととしては、あくまでもサービス対象となる地域の人に向けてコンテンツを作るということです。

守備範囲を広げたいがために、全国に向けて情報発信しがちですが、ターゲットを絞った方がコンテンツが濃くなります。

例えば、お年寄りの多い地域であれば、「バリアフリーに優しいリフォームも可能」といった内容でコンテンツを作ることが挙げられます。

その地域がさらに暑い地域であれば、「バリアフリーで、かつ床を冷やす工夫のされているリフォーム」などに特化しても良いでしょう。

このようにターゲットを絞り込むと、他の地域の人や、意図したユーザー以外が見てくれないと思うかもしれませんが、そうでもありません。

むしろ誰にでも当てはまる無難なことを書いていると、ありきたりすぎて流されることが多いです。

ターゲットや地域を明確にして情報発信することで、コンテンツにオリジナリティが生まれ、結果的に意図していないユーザーにも読まれることになります。

例えばバリアフリーを考えていないユーザーであっても、バリアフリーにこだわったリフォームをする会社に興味を持ち、その技術を知りたいと考える可能性があります。

なぜなら、その技術が応用が利いて、自分のしたいリフォームも可能になるかもしれないからです。

<まとめ〜リフォーム会社が効率的に集客する方法とは?>

リフォーム会社の集客には宣伝が必須で、その宣伝には複数の媒体があります。

それぞれメリットがあるので、幅広く利用すると良いでしょう。

そして、コンテンツに関しては、ターゲットを明確にすることでより内容が濃くなります。

狙ったターゲットに当てはまらない人も、自分の立場に置き換えて読んでくれるようになります。

コンテンツが濃くなりストーリー性が生まれるとも言えますので、それぞれのコンテンツで「誰に向けて書いているのか」を名価格にしましょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。