集客の悩みをスッキリ解消する方法を伝授します!

「集客についての悩みを解決したい」「できるだけ多くの人を集客したい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、集客の悩みがスッキリ解消する方法を伝授します!

あなたが集客に失敗してしまう5つ理由とは?

どの業界でも集客に悩んでいる人は数多く存在します。特に大手やチェーンと競合する場合、価格競争で勝つのは難しいです。

大手やチェーンはコストパフォーマンスを売りにどんどんシェアを拡大していきますが、個人や小規模で運営している場合、価格競争以外の点で差別化が必要です。

そして、その差別化したポイントを積極的にアピールしていかなければ、集客できません。

どのように差別化すれば良いのか、そしてそれをどのようにアピールしていけば良いのか、といった点で多くの人が悩んでいます。

今回は、アピールすることに絞って対策を紹介していきます。

既に差別化は図られているという前提で、次にそれをアピールする段階では以下のような悩みを抱える人が多いです。

・そもそも何をすればいいのかわからない

・集客の方法はわかったが、実践することに抵抗がある

・集客の範囲がわからない

・集客を実践したが、これで正しいのかわからない

・集客率が低い

それでは一つずつ確認していきましょう。

そもそも何をすればいいのかわからない

もっとも基本的な悩みですが、ありがちです。そもそも何をどうすれば良いのかわからずに、お手上げという状態になります。

集客するための方法として、以下の方法が考えられるでしょう。

・ホームページでの情報提供(オウンドメディア)

・SNSでの拡散

・メルマガの発行

・チラシ配り

・ポスティング

・ホットペッパーなどへの掲載

このように方法は色々あります。

それぞれの集客方法のノウハウがない方も多いと思いますが、まずは始めてみることが大切です。

集客の方法はわかったが、実践することに抵抗がある

いざ集客するとなると躊躇してしまう人は、「集客の知識を持ってないし、失敗したらどうしよう」ということを不安に思っているのではないでしょうか?

そのように感じている方は、それぞれのコンサルティング会社に一度相談してみるのも良いかもしれません。

コンサルティングを受けることで集客できる可能性は高まりますし、相談するだけでも集客するヒントを得られるかもしれません。

コストを掛けずに効率的な方法はホームページの運営なので、そこにはまず力を入れるのが良いのではないでしょうか。

集客の範囲がわからない

地域密着型のサービスの場合、インターネットを使って全国に対してアピールする意味があるのか、という疑問が出てきます。

しかし、インターネットでの集客は必ずしも全国に向けたものではありませんし、むしろ地域密着型のサービスの方がネット集客に有利と言えます。

今はインターネット上には情報があふれており、ビッグワード(多くの人が検索するキーワード)で上位表示するのは難しくなっています。

そのため、意図的にキーワードをずらし、ニッチなキーワードで上位表示を狙うのが主流です。

地域密着型の集客の場合、「地名」というニッチキーワードが入るので、勝手に差別化できるのです。

もちろんその地域内でのライバルはいますが、インターネット上で多くの同業者と勝手に差別化が図れるので、ネット集客に向いています。

集客を実践したが、これで正しいのかわからない

絶対的な正解というものはありませんし、集客に当たって集客方法の全体像を全て把握することはできません。

集客方法が多様化しているので悩みがちですが、みんなそのように暗中模索のなかでやっています。

そのため、PDCAサイクル回しながらやっていくしかありません。

しかしながら、それを専門にやっている会社もありますので、相談してみるのも良いと思います。

完全に委託してしまうと、集客のノウハウが自社に蓄積されていきませんし、費用ばかりかかってどれだけ成果が出ているのかも把握できません。

様々な選択肢を検討し、自社が運用できるベストな方法を取っていきましょう。

集客率が低い

できる限り調べながら実践したものの、集客できないこともあります。

その場合、原因の特定と改善が必要です。

後ほど、この点については美容室とエステの例を取り上げながら解説します。

美容室にありがちな集客の悩みとは?

よくある集客の悩みを上述しましたが、美容室は典型的な例です。

サービスが地域密着型ですし、差別化が難しいビジネスでもあります。

そのため、大枠は上述の流れで集客を実践することになります。

集客がうまくいかない原因は、「サービスの差別化ができていない」「そもそも消費者の目に届いていない」のどちらかの場合が多いです。

今回の記事のテーマは「消費者に対してのアピール」ですが、まずはホームページなどのインターネットを使った集客に力を入れるのが得策です。

エステにありがちな集客の悩みとは?

エステも美容室とビジネス形態がほぼ同じで、集客の流れも、多くの人が抱える悩みも同じです。

そのため、同様にインターネットでの集客にまず力を入れるべきでしょう。

サービスを利用するに当たって、多くの人はまずネットで口コミやサービスの詳細情報を確認しますので、インターネット上で詳しい情報を取り入れられるようにしておくと良いと思います。

<まとめ〜集客の悩みをスッキリ解消する方法を伝授します!>

集客の方法はいろいろありますが、全体像を大まかに調べて把握したら、インターネットでの集客から力を入れていくのがおすすめです。

特にホームページは多くの人が確認しますので、必須と言えます。

SEOなどの詳細は今回の記事では紹介していませんが、ホームページが多くの人の目に留まるようになれば、顧客は確実に増えます。

別の記事ではSEO対策についても紹介しておりますので、より詳しく知りたい方はぜひそちらもご覧になってください。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。