脱毛サロンが効率的に集客する方法とは?

脱毛サロンの集客の手段は?

「脱毛サロン」は女性のものというイメージがあるかもしれませんが、最近では男性や子供の脱毛まであるくらい増えてきました。

ですが、脱毛関係の市場は大手企業3社が約90%を独占している状態です。

ですので、脱毛サロンを経営するなら集客力がなければ生き残ってはいけないのです。

脱毛サロンの集客方法は色々あります。

チラシ、ホームページ作成、Twitterやインスタグラム、FacebookやYouTubeなどのSNSを利用した方法、そのほか地域情報誌への掲載、全国情報誌への掲載(ホットペッパーなど)があります。

大手3社と顧客の争奪戦を行うには、これらの集客方法を駆使しなければなりません。

脱毛サロンが行う集客方法は色々ありますが、インターネットが普及している時代ですので、ホームページで集客する方法が一般的になってきました。

もちろん、手軽というだけではなくホームページで集客する方法が一番効果が高いからです。

ホームページを作るという事は読者が検索した時の検索結果で表示されることになります。

読者は必要な情報、または悩みなどを解決したいという思いから、検索エンジンに関連するキーワードを入力して検索するのです。

つまり、自分に必要な情報が表示されるわけですから、そこから自社のホームページに流入してくれれば単なる読者ではなく見込み客であり、顧客になってくれる可能性が高いのです。

脱毛に興味があるなしに関わらず、不特定多数にばら撒くチラシや情報誌への掲載は費用対効果が悪いので、今はホームページで集客する方法が主流となっています。

ブログでの集客する場合

まずは、ホームページより手軽に始められるブログでの集客方法をご説明していきましょう。

ブログは日記感覚だと思われているかもしれませんが、日記感覚では集客できません。

集客するには、「読者が求めている情報は何なのか」「読者の悩みが解決する内容になっているか」「キーワード選定は適切か、地域軸で切り分けているか」など、ブログを書く時の注意点はたくさんあります。

では、具体的にどのような内容を書いていけば良いのかご説明していきましょう。

まず、集客するに際し、読者が求めている情報・悩みを解決できる内容というのは、「読者にとって有益な情報」である必要があります。

この有益というのは自社のことだけではなく、一般的な料金と自社の料金を比較してみたり、失敗しない脱毛エステの選び方を教えてあげることかもしれません。

また、脱毛方法にも種類があるため、どの方法が自分に合っているのかわかるように説明したり、脱毛でもブライダルと普通の場合と違うことや料金の説明など、自社の商品やサービスのことばかり書いていては集客できません。

読者にとって有益な情報を提供しつつ、「自社ならこんな感じです」という関連性を持たせることも大切です。

このように、読者の悩みを解決できるコンテンツを増やしていくことで集客できるブログになっていきます。

ただし、記事を書く時に大切なのがキーワードです。

キーワードの選定はとても大切で、読者が欲しい情報のキーワードや、そのキーワードに関連するワードを選定しなければなりません。

まず最初にキーワードの軸を決めますが、検索数が多すぎるワードは競合相手が多いといいうことになり検索結果で上位に表示されることが難しくなります。

この、検索数を調べるために「キーワードプランナー」などのツールを使うことで、どれくらいの検索ボリュームがあるかが分かります。

1,000を目安にして、多ければ関連するキーワードと複合させると検索ボリュームが下がりますので調整してみましょう。

1,000より少なすぎる場合は軸となるキーワードを変更した方が良いでしょう。

FacebookなどのSNSでの集客の効果は?

脱毛サロンの集客を行う場合は、FacebookなどのSNSを使うのも効果的です。

LINEは自分を知っている人にしか情報が伝わらないのですが、Facebookであれば「いいね」を押してもらえると友達の友達へ、そのまた友達へと情報が広がっていく可能性が高まります。

友達が「いいね」をした情報は見ますし、それがどんどん広がっていけば興味のある人は「いいね」を押し、「いいね」が増えるごとに知名度も上がりますから、見込み客を集客するにはとても効果的な方法なのです。

いくら友達が「いいね」をしている記事でも内容に納得できなければ「いいね」を押すこともありませんから、「いいね」が増えれば増えるほど見込み客が増えていくということになります。

ただし、FacebookのようなSNSはプライベートの暇つぶしで使っている人が多いので、あまりに堅すぎる話しや専門用語が多い内容は人気が出ません。

Facebookで配信する頻度は週に12回程度にし、「多すぎて邪魔」という印象を与えないようにしましょう。

また、配信する時間帯も重要で、仕事をしている人でも目にすることができる、朝と夕方の通勤時間帯と、お昼休みが良いでしょう。

配信内容は「お得感」のあるものが良く、瞬間的に見てインパクトがあり「思わずクリックしてしまいそうになる」内容がベストです。

そのためにはキャッチコピーが重要で、魅力があり読者が興味を引くような「お得感」のあるキャッチコピーにしましょう。

内容はくどくならないように簡潔に書き、読みやすいように行間なども注意して書いていきましょう。

紹介による割引制度

脱毛サロンが集客する方法として、ブログやSNSでの集客方法をご紹介してきましたが、次に「紹介による割引制度」についてご紹介しましょう。

この集客方法はオフライン店舗でも、オンライン店舗でもどのような場合にも用いられており、様々な業種で利用されている集客方法です。

脱毛サロンが紹介割引で新規顧客を獲得するメリット

脱毛サロンに限ったことではありませんが、どの業種もいかに確度の高い新規見込客にサイトを訪問してもらえるか、実店舗に来てもらえるかが重要になります。

脱毛サロンにとって、既存顧客は効率的な新規獲得口の1つです。既に自社のサービスを利用していて改善を実感しているユーザーによる口コミや紹介は、全く知らないユーザーの体験談を見るよりも遥かに信憑性がありフックになるものです。

紹介割引を利用して、そうした牽引力のある既存顧客に動いてもらうことで、より効率的に新規を獲得することが可能になります。

また、紹介割引を行うことで新しいお客様が1名以上増える、ということもメリットです。

1名の既存顧客が2名の新規顧客を連れてくる可能性もあり、そうした場合例えば紹介した既存顧客に紹介割引で1,000円キャッシュバックしたとしても、新規顧客2名で10,000円/1回の売上であれば利益は別として売上は9,000円で十分に元は取れます。

脱毛サロンへの集客方法 LINE@を利用した段階的なアプローチ

最近であれば自社のLINE@を活用した集客方法として、友達登録してもらうことでキャッシュバックなど、来店のハードルが高い場合などにまずはオンラインで繋がり、定期的にキャンペーン情報やお得な情報を配信することで見込み顧客を顧客へと育てるアプローチ方法も良く行われています。

LINE@で友達登録すると直接ユーザーと繋がることが出来るため、WEBサイトやブログ、チラシよりも効率的に確度の高いユーザーを取り込むことができます。
まだLINE@をお持ちでない場合は、集客口の1つとしてぜひ作成しておくことをオススメします。

中長期的な集客施策にはなりますが、競合他社よりも早く動く、効率的に集客することを意識すると良いでしょう。

リピート客を増やすことの重要性

脱毛サロンを運営している方向けに上記では新規開拓の方法として紹介割引についてご説明しました。

しかしながら1件あたりの売上を考えると、新規も大切ですがリピート客の存在が最重要になってきます。

「パレートの法則(8:2の法則)」という言葉を耳にしたことがある方がいらっしゃるかも知れません。簡単に言うと、売上の80%は20%のリピーターが作り出している、というもので売上のほとんどは一部のリピート客(ファン)によるものであるということです。

そのため、どこの店舗や企業も自社のファンの育成・獲得に向けてブログ(オウンドメディア)を使った集客や、SNSを使った集客、情報アプローチ(口コミ)に力を入れています。

お礼状を送る

オンラインのECサイトでは、サイトで一度購入したお客様向けにお礼状メールを直ぐに送付するサービスを利用しています。また、買い物カゴまで到達したユーザー向けに「お忘れではありませんか?」や「こうした商品もあります」など、購入を促進するための「後追いメール」をサイトを離脱した直後に送付しており、この数年で「お礼状」「後追いメール」の重要性は非常に高まってきています。

脱毛サロンにおいても同様で、実店舗に来店してくれたユーザーに対しメールやはがきで「お礼状」を送付することで、次回の来店に繋げていくことが大切です。

また、お礼状を書く上で忘れてはいけないことは「お客様との信頼関係を築く」ために書くということです。

次回来店を促すとともに自社のファンになってもらえるように、来店時に話していたことや、あれからどうですか?などお客様のことを考えていることが伝わるように文章を書くと良いでしょう。

特に、競合他社にサービスや料金、立地条件などで優劣を付けられていない場合はこうしたお礼状による来店のキッカケ作りが必要になります。
また、顧客との接点が増えることでサービスや料金以外の部分で自社だけの「強み」が生まれます。

以上、今回は脱毛サロンが効果的に集客する方法として、紹介割引を利用した新規顧客の獲得方法や、既存顧客のリピートを増やすための施策として「お礼状」についてご紹介しました。

脱毛サロンだけではなく、オンライン・オフラインを問わず様々な店舗が活用している内容ですので、まだの場合はぜひ取り入れて活用していくことをオススメします。

<まとめ〜脱毛サロンが効率的に集客する方法とは?

脱毛サロンの集客方法でチラシを使っているところが多いようですが、インターネットを使った方が集客力が上がり効率的になります。

ホームページでもブログでも「読者に悩みを解決する情報」「読者のためになる情報」を提供することを心がけて記事を書いていきましょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。