弁護士が効率的に集客する方法とは?

「弁護士の集客の仕方がわからない」「弁護士の集客の方法を知りたい」そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、弁護士の集客方法について紹介します!

セミナーを開催して集客する場合

弁護士が集客する方法としてセミナーがあります。

ですが、セミナーの内容によって集客力は大きく左右されますから、集客できるセミナーをしなければなりません。

セミナーで集客力を上げるには「あなたが信用できる人間だ」ということを、参加した人に分かってもらわなくてはなりません。

弁護士に問題を相談するということは、自分の悩み事を包み隠さず話す必要があります。

ですが、プライベートな部分ですので、全てを話してもらうには信用されていなければできません。

セミナーを通して顧客との信頼関係を築く必要がありますので、顧客の心を掴む話し方や内容を話さなければなりません。

ただし、セミナーという場は不特定多数の人が聞きに来る場ですから顧客は「悩んでいるのは自分だけではない」と思えます。

これだけでも大きなメリットですので、マンツーマンで話すより信頼関係が築きやすいと言えます。

ホームページで集客する場合

弁護士が集客する方法として、セミナー以外にホームページを使うこともあります。

ホームページで集客するメリットは、見込み客を獲得する確率が高くなるということです。

自分が何か悩んで検索エンジンで検索する時に、キーワードを入力します。

つまり、そのキーワードに関連した記事が検索結果として出てきますので、より見込みのある客がホームページを訪問してくることになります。

セミナーやチラシなどのリアルな集客方法では限界が来ている時代で、多くの弁護士はホームページなどのWEBを使う集客方法にシフトしてきています。

ですが、様々な弁護士がWEBを使って集客しているのであれば、自分を選んでもらわなければなりません。

そのために大切なのは、「キャッチコピーにインパクトを持たせて3秒の壁を破る」ということと、「ターゲット層を絞る」ということ、そして「ホームページのゴールを明確に設定することでs。

3秒の壁というのは、最初のページを見てたったの3秒でその先を読むのか、そこで読まずに違うページに行くのかが決まってしまうことです。

ですが、その3秒でインパクトのあって「内容を見てみたい!」と思うキャッチコピーを付けることができれば、読者は自分に有益な情報を得られると思って他のページも読み進めていってくれます。

また、ユーザーの問題が解決できることが分かるタイトルが良いでしょう。

また、ホームページを作る時にターゲットを設定することで、メッセージがぼやけることを防げます。

ターゲットの設定はWEBを運営していく上で必要不可欠ですから、どんな相手に何を伝えたいのかをきちんと決めましょう。

そして、闇雲にホームページを作るのではなく、ゴールを設定することが大切です。

「読者にどんな感情を抱いてほしいのか」「どんな行動を起こしてほしいのか」など、ゴールを設定することで集客力も上がるでしょう。

ブログを使って集客する場合

弁護士ができる集客方法の中に、ブログがあります。

WEBという点ではホームページと似ているところがあるかもしれませんが、ブログでの集客はホームページで集客する時と注意点が違ってきます。

ホームページよりブログの方が信頼関係を築きやすく、プライベートという感覚が大きいため身近に感じることができます。

セミナー同様、相手に信頼してもらうことが大切になってきますが、ブログに書く内容としては読者が求めている情報は何かを調べ、その情報に対して答えや解決する方法を記したコンテンツが必要になります。

セールスのような記事ばかりでは読者は離れていきますから、常に読者にとって価値のある情報を配信しなければなりません。

また、ホームページよりブログの方が簡単に記事の更新ができますから、攻めの集客をするならホームページよりブログの方が良いでしょう。

<まとめ〜弁護士が効率的に集客する方法とは?>

どの方法も弁護士が集客するための方法ですが、従来行ってきたセミナーでは集客力が弱く、WEBを使って集客する弁護士が増えてきました。

WEBを使う弁護士が増えているということは、それだけ顧客が集まりやすいということになります。

WEBにはブログやホームページ、SNSなど集客する方法がたくさんあり、多くの人の目に触れる機会が多いため集客力もあがります。

セミナーが悪いというわけではありませんが、時代を見据えて、セミナーと並行してWEBで集客する行動を起こした方が良いでしょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

「弁護士の集客の仕方がわからない」「弁護士の集客の方法を知りたい」そうお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、弁護士の集客方法について紹介します!

セミナーを開催して集客する場合

弁護士が集客する方法としてセミナーがあります。

ですが、セミナーの内容によって集客力は大きく左右されますから、集客できるセミナーをしなければなりません。

セミナーで集客力を上げるには「あなたが信用できる人間だ」ということを、参加した人に分かってもらわなくてはなりません。

弁護士に問題を相談するということは、自分の悩み事を包み隠さず話す必要があります。

ですが、プライベートな部分ですので、全てを話してもらうには信用されていなければできません。

セミナーを通して顧客との信頼関係を築く必要がありますので、顧客の心を掴む話し方や内容を話さなければなりません。

ただし、セミナーという場は不特定多数の人が聞きに来る場ですから顧客は「悩んでいるのは自分だけではない」と思えます。

これだけでも大きなメリットですので、マンツーマンで話すより信頼関係が築きやすいと言えます。

ホームページで集客する場合

弁護士が集客する方法として、セミナー以外にホームページを使うこともあります。

ホームページで集客するメリットは、見込み客を獲得する確率が高くなるということです。

自分が何か悩んで検索エンジンで検索する時に、キーワードを入力します。

つまり、そのキーワードに関連した記事が検索結果として出てきますので、より見込みのある客がホームページを訪問してくることになります。

セミナーやチラシなどのリアルな集客方法では限界が来ている時代で、多くの弁護士はホームページなどのWEBを使う集客方法にシフトしてきています。

ですが、様々な弁護士がWEBを使って集客しているのであれば、自分を選んでもらわなければなりません。

そのために大切なのは、「キャッチコピーにインパクトを持たせて3秒の壁を破る」ということと、「ターゲット層を絞る」ということ、そして「ホームページのゴールを明確に設定することでs。

3秒の壁というのは、最初のページを見てたったの3秒でその先を読むのか、そこで読まずに違うページに行くのかが決まってしまうことです。

ですが、その3秒でインパクトのあって「内容を見てみたい!」と思うキャッチコピーを付けることができれば、読者は自分に有益な情報を得られると思って他のページも読み進めていってくれます。

また、ユーザーの問題が解決できることが分かるタイトルが良いでしょう。

また、ホームページを作る時にターゲットを設定することで、メッセージがぼやけることを防げます。

ターゲットの設定はWEBを運営していく上で必要不可欠ですから、どんな相手に何を伝えたいのかをきちんと決めましょう。

そして、闇雲にホームページを作るのではなく、ゴールを設定することが大切です。

「読者にどんな感情を抱いてほしいのか」「どんな行動を起こしてほしいのか」など、ゴールを設定することで集客力も上がるでしょう。

ブログを使って集客する場合

弁護士ができる集客方法の中に、ブログがあります。

WEBという点ではホームページと似ているところがあるかもしれませんが、ブログでの集客はホームページで集客する時と注意点が違ってきます。

ホームページよりブログの方が信頼関係を築きやすく、プライベートという感覚が大きいため身近に感じることができます。

セミナー同様、相手に信頼してもらうことが大切になってきますが、ブログに書く内容としては読者が求めている情報は何かを調べ、その情報に対して答えや解決する方法を記したコンテンツが必要になります。

セールスのような記事ばかりでは読者は離れていきますから、常に読者にとって価値のある情報を配信しなければなりません。

また、ホームページよりブログの方が簡単に記事の更新ができますから、攻めの集客をするならホームページよりブログの方が良いでしょう。

<まとめ〜弁護士が効率的に集客する方法とは?>

どの方法も弁護士が集客するための方法ですが、従来行ってきたセミナーでは集客力が弱く、WEBを使って集客する弁護士が増えてきました。

WEBを使う弁護士が増えているということは、それだけ顧客が集まりやすいということになります。

WEBにはブログやホームページ、SNSなど集客する方法がたくさんあり、多くの人の目に触れる機会が多いため集客力もあがります。

セミナーが悪いというわけではありませんが、時代を見据えて、セミナーと並行してWEBで集客する行動を起こした方が良いでしょう。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。