歯医者が効率的に集客する方法とは?

「歯医者(歯科医院)が集客(患者を集める)にはどうしたら良いの?」「ホームページとチラシ、どっちが良いの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、歯医者が集客する方法について解説します。

歯医者が抱えている集客の悩みとは?

歯医者の数はコンビニの1.5倍あると言われており、毎年全国で2,000件前後オープンしていますが、その数と同じくらい廃業しています。

このように歯医者は入れ替わりの激しい業界ですから、集客に苦労している方も多いのではないでしょうか。

集客が上手くいっている歯医者と、上手くいっていない歯医者の大きな違いはリピート客を逃していることが挙げられます。

歯医者だけではなく個人経営のお店にとって、リピート客を確保できることはとても大切なことです。

上手くいっている歯医者は、リピート客が来るシステムがうまくできているのでしょう。

他にも歯医者を選んだ理由として多いのが、「医師の評判がよかったから」という点がありますので、接客対応や治療方針をきちんと伝えるなど対応が必要でしょう。

そして、「その歯医者を選んで満足した点」ということで

1位に上がっていたのが「医師の信頼度」、2位が「医師の態度や言葉遣い」とあり、

3位に「治療内容の説明」、第4位に「看護師の態度・言葉遣い」となっていました。

これらの項目に注意して経営していかなければ、リピート客を増やすのも難しくなるでしょう。

また、「待ち時間の長さ」は不満だった点の第1位となっていますので、待ち時間がほとんどない予約システムを採用するなど、工夫が必要です。

チラシによる集客

歯医者の集客方法としてチラシもありますが、集客方法としては少ないのではないでしょうか。

ただ、何もしないよりはチラシを配った方が効果もあります。

チラシは地域密着型の集客方法ですので、「その地域に多い年齢層にターゲットを絞る」「家族構成にターゲットを絞る」など、ターゲットを絞って作成した方が集客率は上がります。

また、イベントの開催や特典など、チラシを見る人にとって有益になるような情報とインパクトのあるキャッチコピーでチラシの効果を大きくしましょう。

特に、子供ウケの良い歯医者は集客しやすい傾向がありますので、子供向けに何かイベントや特典を考えてみても良いのではないでしょうか。

インターネットによる集客

歯科医院が集客する方法として、インターネットもあります。

チラシや口コミでの集客は小さな地域での集客となりますが、インターネットを活用することで多くの顧客を確保できる可能性があります。

集客する方法としては、インターネットが最も有効ではないでしょうか。

もちろん歯医者ですので、遠方から足を運ぶことはほとんどありませんが、あまりに小さな範囲で集客してもなかなか集まりませんし、口コミやチラシは反応を待っているしかありません。

インターネットであれば、地域軸を絞ったキーワードにすることで口コミやチラシを目にしていない人の目にも触れることになります。

また、ご来店いただいたお客様に評価を書いてもらえれば「良い印象」を与えることができ、何よりも宣伝効果になります。

インターネットで集客するには、顧客の不安を解消する内容が必要です。

顧客の不安はたくさんありますが、歯医者の「雰囲気」や「価格」「対応」「評価」などがあり、腕の良さや歯医者に一番多い「痛くない」治療ができる歯医者は集客力が高くなります。

もちろん、痛くないと謳っているのに、行ってみたらものすごく痛かったということでは本末転倒どころか悪い噂が流れてしまいますので、事実ではないことを謳うことはできません。

しかし、顧客の不安を解消するような内容がホームページから伝われば顧客が増え、来店いただいた顧客の評価から、さらに集客できるという仕組みになります。

お客様の約85%がインターネットで調べてから来店すると言われていますので、集客という点で見るとホームページを作成することが最も集客しやすいのではないでしょうか。

広告による集客

歯科医院のみならず、医療の広告は「医療広告ガイドライン」によって制限されている部分があります。

ですので、過度な表現が禁止されていたり、他の業界に比べて表現の幅が狭いと言えるでしょう。

そのため、ガイドラインに抵触しない範囲で、効果的に宣伝する方法があります。

効果的に宣伝するには、「顧客が抱えていそうな悩みと歯科医院の強みが重なる点」を協調して宣伝していくのが良いでしょう。

ネット予約への対応

ネット予約に対応させることも、集客を増やす方法の一つです。

ネットから予約してもらうためには、検索でホームページにアクセスしてもらう必要がありますので、まずはホームページを整備するところから始まるでしょう。

検索結果から流入してきたユーザーがそのまま簡単に予約できる環境が整っていれば、予約してもらえる可能性が高くなるでしょう。

歯医者のみならずネット予約は一般的になっていますので、ユーザー目線で考えると効果のある施策であると言えます。

【SEOのノウハウ提供!】オウンドメディアで成果を出したい企業のご担当者様必見!弊社がオウンドメディアで成果を出せる理由を教えます!(詳細はこちらから)➤

リピート客を増やすことの重要性

歯医者にとって、新規顧客だけではなくリピート客を増やすことも重要です。

歯は一度メンテナンスをすれば良いという訳ではありませんし、定期的に通う必要があるからです。

定期的に歯医者に通う際に、他の歯医者に行かれてしまっては大きな損失となってしまいます。

ですので、定期的に通ってもらい、何回も来てもらうような対策や施策も重要となるのです。

では、具体的にどんな対策・施策をしていけば良いのでしょうか?

定期健診を促すメール・ハガキ

定期的に通ってもらうために、一度通ってもらった顧客へ定期検診を促すメールやハガキを送ることが効果的です。

しかしながら、内容やタイミング次第では迷惑だと思われてしまうので、戦略を練る必要があります。

メールの内容ですが、専門家としての立場から、「そろそろ健診した方が良いですよ」と教えてあげるくらいの感覚のメールが良いでしょう。

また、タイミングについても、以前に来院された時期から数ヶ月空けて、定期健診をするべき時期になったらメールやハガキを送った方が良いでしょう。

定期健診に加えて、来院してくれた方にお礼メールを送ることも、満足度を上げられるという意味で良いかもしれません。

<まとめ〜歯医者が効率的に集客する方法とは?>

歯医者で集客する方法は、チラシ、ホームページがあるというお話をしてきましたが、このほかに「看板」という手もあります。

取りすがりに入ったという方もいらっしゃいますが、看板と言っても電子看板を設置している歯医者は集客力が高くなります。

電子看板なら価格を表示したり、お客様の不安を消す内容も表示できますので、取りすがりでも入りやすくなるのです。

このように歯医者で集客できる方法はたくさんありますが、最も有効なのはホームページ、次いでチラシや看板ということになりますから、まずは信頼されるホームページを作ることが大切ではないでしょうか。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。