Webマーケティングを効率的に運用する方法を教えます!

「Webマーケティングでどう運用したら良いか分からない」「成果を出すためにはどう運用したら良いのか分からない」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、Webマーケティングを効率的に運用する方法について解説します!

Webマーケティングとは?

「Webマーケティング」は簡単に言うとWeb上で行うマーケティングなのですが、「マーケティング」とは物を売れるシステムを作ることです。

そのシステムが売り込みをしなくても売れていくことが、マーケティングの理想です。

そのシステムをWeb上で行うことを、「Webマーケティング」と言います。

従来は、営業マンが得意先を回り、注文を取ってくるという方法でした。

もちろん、今でもこの方法は存在します。

企業同士は信頼関係で成り立っているため、営業マンが汗水たらして受注してくるのです。

注文をしてもらうには、相手に信頼されなければなりませんから接待もありますし、商品知識も必要ですしプレゼンも行います。

ですが、営業マンの技量によって売上額は違いますし、接待交際費や活動費、人件費もかかってきます。

ですが、Webマーケティングを行うことで、このような宣伝活動は不要になり、Web上で全て決済が完了するので人件費や接待交際費などの経費が削減できるのです。

もちろん、企業にとっても大動脈となる商品に関しては営業マンが必要になってきますが、営業マンの売上にプラスしてWebマーケティングの運営が上手くいけばプラスαで売上や利益を確保することができるのです。

Webマーケティングの集客施策

Webマーケティングで売上を上げていくには、「集客」が必要です。

作ったサイトやページにお客様が来てくれなければ利益になりません。

では、Webマーケティングにはどのような集客施策があるのでしょうか。

SEO

これは、GoogleYahoo!などの検索エンジンに設定されているアルゴリズムを解析し、読者が検索エンジンでキーワードを入力して検索した結果で、検索上位に表示されるような対策をします。

現在のGoogleのアルゴリズムは、「情報の正確性と信憑性」が求められており、「読者にとって有益な情報を配信しているか」というところが判断基準となっているようです。

読者にとって有益ではないコンテンツの場合は検索順位が下がり、検索結果で上位表示されませんので、読者がクリックする確率も低くなるでしょう。

リスティング広告

SEOと同じように検索結果が出た時に表示される広告があり、これをリスティング広告と言います。

Googleの場合は、検索結果画面の線より上部に、Yahoo!の場合は検索結果画面の右側に広告が表示されます。

リスティング広告は、検索したキーワードと関連のある広告が表示されますので、SEO対策は必要ありません。

入札などがあり検索順位が決定されますが、費用がかかる集客方法になります。

SNS

そしてSNSも集客できる方法の一つです。

TwitterFacebookなどのSNSは多くの人が利用しているツールですので、集客するにはとても便利です。

情報を拡散してくれますから、様々な人の目に入り集客効果も上がります。

他にも、メールマーケティングがあり、読者の登録によって得たメールアドレスにメルマガを配信したり、ステップメールを送ったりとメールアドレスの所有者の属性に合わせてメールを送ることで集客効果が期待できます。

また、リターゲティング広告は、過去に自社サイトやページに訪れてくれた読者に対して広告を出すもので、興味を持ってみたサイトからの広告のため、見込み度が高く集客効果が期待できます。

このようにWebマーケティングの集客施策には様々な方法があります。

Webマーケティングの運用のポイントは?

Webマーケティングのことはおおまかにご説明してきましたが、運用するにはポイントがあります。

まず、自社商品やサービスのことばかりのコンテンツを作るのではなく「読者のためになるコンテンツを作る」ということです。

読者が検索エンジンで探しているのは不安や悩みを解決できる方法はないかということがほとんどで、その解決法がわかるサイトに訪れます。

つまり、自社の商品やサービスの宣伝ばかりでは、読者に何の得にもならないのです。

読者が悩んでいることや不安、それを解消する方法など、読者が求めているキーワードを軸にしてコンテンツを作成し「読者にとって有益な情報を提供する」サイトを作ることが重要です。

また、運用に関してのポイントは「すぐにあきらめない」ということです。

Webマーケティングに取り組んでも、すぐに結果がでるわけではありません。

速くても半年かかると思っておいた方がよいですし、最低でも1年は試行錯誤しながら続けることが大切です。

試行錯誤を続け、改善していきながら運用することで良質なコンテンツになり、成果も上がってくるのではないでしょうか。

<まとめ〜Webマーケティングを効率的に運用する方法を教えます!>

Webマーケティングは、今やほとんどの企業が取り組んでいると思って良いでしょう。

大企業はもちろんですが、中小企業でも半数にあたる約50%以上の企業がWebマーケティングを行っています。

日本の企業の中で中小企業が占める割合は99%ですから、日本にある企業はほとんど中小企業なわけです。

その中小企業の約5割がWebマーケティングを行っているわけですから、今後さらに増えていくことでしょう。

実際に、Webマーケティングとはいかなくとも、サイトを開設している企業だけで見ると約85%の企業が開設しています。

今後もWebマーケティングを行う企業も増えてくると思いますので、その中で利益を確保するにはWebマーケティングについてもっと勉強しなければなりませんし、他社との差別化ができるサイトを作っていく必要があります。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。