中小企業こそオウンドメディアを活用すべき理由とは?

「中小企業がオウンドメディアを活用すべきかどうか、よく分からない」

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

不安に思っているあなた、安心してください。

今回は、そのような不安を持っている方のために、中小企業がオウンドメディアを活用すべき理由について説明していきます。

中小企業がオウンドメディアを持つことのメリットとは?

オウンドメディアとは従来の雑誌や広告などの紙媒体、テレビ、CMなど不特定多数の消費者に向けてマーケティングをしていたものではなく、インターネットを使い自社が所有するサイトやブログ、SNSなどで宣伝することを指します。

最近、このオウンドメディアの注目度が高まり、従来のマーケティングよりオウンドメディアの方が集客力あるということで売り上げが上がったという企業が多く見られます。

これは大企業だけではなく、中小企業にも当てはまることです。

では、中小企業がオウンドメディアを活用することでどのようなメリットがあるのか、ご説明していきましょう。

まず、従来の紙媒体やCM、広告などのマーケティングの場合、ターゲットを絞り込むのは難しく「不特定多数の大衆」に向けて宣伝する形になります。

これでは興味や関心のある客が少なく、費用が掛かりすぎてしまいます。

ですが、オウンドメディアに切り替えることでターゲットを絞り込み、感心や興味のある客を引き込むことができますので売上も大きくなります。

さらに、オウンドメディアの方が費用が安くなりますから、低コストで見込み客を獲得することができるのです。

オウンドメディアが成功すれば、「広告への依存から抜け出す」ことができ、大きな利益につながるでしょう。

次のメリットは、「集客できるコンテンツを増やせる」というところです。

通常、紙媒体やCMなどの宣伝はその時その時で宣伝が終了するので、コンテンツを増やすことがとても難しくなります。

しかし、オウンドメディアの場合は記事を書き続けていきますので、自然と集客できるコンテンツが増えていき、集客力が上がります。

また、中小企業は大企業に比べて経済的な資源が少ないため、価格競争が起こると勝てることが少なく、競争に参加したがために赤字になってしまうこともあります。

これでは会社が経営難に陥ってもおかしくありません。

しかし、オウンドメディアであればターゲットを絞り込んで集客するため、その商品やサービスに興味や関心を持った顧客を獲得し、常に役立つ情報を与え続けることができます。

そうすることで顧客はリピーターとなり自社の商品やサービスなら買うという気持ちになるのです。

この「価格競争を回避できる」というのも中小企業にとっては大きなメリットでしょう。

他にも細かいメリットはありますが、大きなメリットとしては

・「低コストで見込み客を獲得できる」

・「長期にわたり運営するため記事数が増え、集客できる顧客の幅が広がる」

・「自社の商品やサービスに興味のある客を獲得し、長期的に付き合ううちに自社の商品なら購入するというリピーターを育てることができ、価格競争を回避できる」

という3つの大きなメリットが挙げられます。

中小企業が取るべきオウンドメディアの戦略とは?

中小企業がオウンドメディアを運用する場合、まず考えなければならないのがどれだけ低コストで成功させることができるかということです。

これを実現させるためには、アクセス数のアップにより信用を勝ち取ることを優先します。

アクセス数をアップをさせるためには記事数を増やす必要があります。

オウンドメディアを運用するなら最低でも100、できれば200記事は欲しいところです。

そうなると記事の数に気を取られてしまい、質の悪い記事を提供してしまいます。

こうなると読者の信用を得ることはできません。

質の悪い記事は何記事読んでも響きませんし、1ページも読んでくれない人がほとんどですので記事数の無駄になります。

それより、質の高い記事を20~30本投稿するだけで信用を得ることができます。

ですので、「量より質」を重視して記事を書き、信用を得ることで顧客を増やしていく必要があるのです。

中小企業が低コストで見込み客を集める最良の方法が、「記事の質」を高めることです。

量を精算するとそれだけコストもかかりますし、内容もおろそかになります。

ですが、良質の記事も1年も経つとかなりの記事数になりますので、毎回良質な記事を心がけることで質の高いサイトになり、思っているより効果の高いサイトが出来上がります。

また、専門性の高い内容にしたり、顧客との関係を強くできるツールを採用するなど、中小企業がオウンドメディアを立ち上げる際は顧客の繋がりや集客できる内容に意識して考えることが、中小企業のオウンドメディア戦略と言えるでしょう。

オウンドメディアのSEO対策については、以下の記事でまとめてありますので、こちらの記事をご覧になってください。

参考にするべき中小企業の成功事例

では、実際に中小企業がオウンドメディアで成功した事例をいくつかご紹介しましょう。

iKnowBLOG

こちらのオウンドメディアは英語の学習ブログとなっています。

日常的に使える英語や英語を親しみやすくなる方法などの記事が書かれています。

とても身近に感じられる記事で英語の初心者でも楽しく学ぶことができるように配慮されています。

更新する日時もきちんと設定されていますし、記事数も多く、自然に話す中にサービスの良さや充実度などを紹介しています。

相談LINE

こちらのサイトは法律問題のQAのサイトで、実際に弁護士や司法書士が回答してくれるサイトです。

内容がとても充実しており、記事数の多さには驚きです。

人の抱く「解決したい」という思いをしっかり受け取ってくれるサイトということと、ログインしなければ解答が見られないというのも利用者が集まり、根付くポイントと言えるでしょう。

【SEOのノウハウ提供!】オウンドメディアで成果を出したい企業のご担当者様必見!弊社がオウンドメディアで成果を出せる理由を教えます!(詳細はこちらから)➤

<まとめ〜中小企業こそオウンドメディアを活用すべき理由とは?>

オウンドメディアを立ち上げるメリットは、中小企業の方が大きいでしょう。

低コストで宣伝できるのですから、資金の少ない中小企業こそ取り組むべきです。

オウンドメディアはすぐに利益が出るものではありませんが、地道に運営していうことで修正点などを完全し、集客アップ、売上につなげていけるのも大きなメリットになります。

オウンドメディアの運用・立ち上げをご検討の企業様は、弊社アクシスにご相談ください!

①「すべらない転職」で培ったSEOのノウハウをそのままご提供します。

弊社が運用している「すべらない転職」は、年間1000人以上の方からお問い合わせを頂いております。

弊社のこれまでの実績に基づいたSEOのノウハウをそのまま提供しますので、より効果的な施策やコンテンツ作成をすることができます。

②成果にコミットしたコンサルティング

弊社のコンサルティングの特徴は、成果にコミットしたコンサルティングです。

他社のコンサル会社の場合、「PVを増やすだけでコンバージョンに繋がらない」といったケースも少なくありません。

その点、弊社ではコンバージョン獲得から逆算した、成果にコミットしたコンサルティングをさせて頂きたいと考えております。

③オウンドメディアのインハウス化 体制づくりに注力します。

「将来的にはコンサルティング会社に頼らなくても運用できるようにすること=本質的なコンサルティング」というのが弊社のコンサルティングに対する考え方です。

将来的には弊社のサポートが無くても運用していけるよう、運用体制の整備に注力させて頂きます。

The following two tabs change content below.
青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

青山学院大学 法学部卒。新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2012年アクシス株式会社を設立。代表取締役に就任。オウンドメディア「すべらない転職」やQ&Aサイト「Callingood」を運営。 現在は、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演活動等、多岐にわたり活動中。